新・生活便り 

アニメ好き/主婦/Web翻訳ライター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

受験

凄く久しぶりに大学受験をすることになりました。
というか、大学に入るというより、オーストラリアの大学に入学するためのテストを受けてみるという感じであって、大学に入学するかどうかはまだ未定。ほら、私は30歳だし、夫の仕事もいつまでやっていけるか分からない不安定な職だし。でも、将来のためにと思って受験してみるんですよ。

英語の資格なら去年TOEICを受けましたが、IELTSのアカデミックというのは初めての挑戦です。回答はマークシートやコンピューターではなく筆記なので、スペルミスが心配です。

最近は自らペンを握って文章を書くのではなく、MacやiPhoneを使用しての英文製作に慣れていたので、スペルミスはオートコレクトに頼り切っていたと思います。勉強を始めて、サイコロジーやアカデミックの綴りを間違えて覚えている事に驚き。英単語の勉強から始めなくてはいけない事実に戸惑いつつも、なんとか毎日勉強を続ける日々です。

受験料は330ドル(約2万5000円)と比較的高額。リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングが受験科目らしく、私の目標点数は7点。可能であれば、テスト対策の学校に行かずにテキストだけで合格したいものです。まぁ、1回目のテストで散々な結果になってしまったら、夫の薦め通りに学校に通うことにしますが。

取得点数は2年間有効らしいので、この2年間の間に今後の方向性を考えたいところ。こっちに住んでいる限り英語の勉強はするに越した事は無いし、何か目標があると生活にハリも出るから楽しんで勉強しています。

いい点数が取れると良いんだけど。
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

  1. 2011/09/28(水) 17:13:20|
  2. オーストラリア
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0

裁縫

先日、バレエシューズにゴムを付けようと思って、死ぬ程苦手な裁縫に挑戦して見ました。
たった4カ所縫うだけだったんですが、3カ所縫うだけで1時間以上かかりました。そして、4カ所目というところで力つきました。

出来映えを夫がチェックしてくれたんですが、余りの酷さに「俺がやったほうがマシ」と言われ、最後の仕上げは夫がやってくれることになりました。

家庭科でしか裁縫を習ったことが無いと言っていた夫なのに、私よりも上手、なんだと思います。
いや、実際、夫は最後まで縫うことが出来ませんでした。というのも、先端恐怖症で、針の動きを長時間見ていることが出来なかったらしく、仮止めのところで終了。でも、仮止めなんてこと自体すっかり忘れて只管縫いまくっていた私よりは断然技術的にも知識的にも上なんだと思います。敗北。


以前触れたように、バレエ教室のお友達は医者らしい。きっと縫い物も上手いはずなので、バレエシューズを見せてもらいました。引きつること無く、完璧に縫われていました。なんだか、医者の底力を見せつけられたような気がしました。そりゃあね、裁縫が下手クソだったら手術痕がぐちゃぐちゃに成っちゃうもんねぇ。


また一ヶ月以上期間を開けての更新でした。今日も読んで下さりありがとうございました。

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

  1. 2011/07/29(金) 12:12:10|
  2. オーストラリア
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

耳カスと異業種交流

先日、バレエ教室に行っていたら右耳が飛行機に乗っている時みたいに聞こえ難くなった。
こういう時って、鼻をつまんでフン!って息をはくと直ったりするんだけど、意味無し。
先生の声も、音楽も聞こえ難いし、私が喋った時の声まで頭の中で反響する感じ。
レッスンの間に、何度も耳をほじったり水を出すような動作をしてた。

バレエ教室はお金さえ払えば誰でも自由に参加できて、踊る場所も自由。私はいつも決まった場所で踊ることにしていて、私の両隣もいつも同じ人。左側に並ぶ男性と仲良くなった。彼の職業はお医者さんだそうな。

耳が聞こえ難くなった日、レッスンの後にお茶しようと誘われた。もう1人親しくしている女性を誘って優雅にバレエの話に勤しむ。

ふと、私が「右耳が飛行機乗ったときにツーンとするような感じなんだよねー、きもちわるー。なんか喋り難くてご免」みたいな感じで話していたら、質疑応答による簡単な診断が始まってしまった。

結果、「あー、耳カスが沢山詰まってるんじゃない?」って。薬局で耳カスを柔らかくする薬を買って来ると良いよとアドバイスされた。

いやん、綿棒で耳カス取ってるわよ! でも、私は粉耳だから綿棒だと耳の奥に押し込んじゃったかもしれん。なんだか、否定も肯定も出来ないまま、私は”普段はお澄まししているのに、耳カス詰まった不潔な人”みたいなキャラになってしまった。悔しい、ちくしょう。聞こえ難いなんて言わなきゃ良かったぜ。

それにしても、異文化交流って面白いね。私の周りは映像業界の人ばっかりだから、異業種の人達と知り合うと嬉しくてしょうがない。この間もバレエ繋がりで高校教師をしている人と知り合ったんだけど、この人は世間話をしている時でも、その場にいる全員が会話の内容を理解できているかどうか、何度もアイコンタクトをしながら話してた。

医者の彼にしてもそうで、考え方が凄く理論的。バレエの振り付けなんかでも、筋道が立っていればきちんと理解して間違わずにこなすけど、不規則な動きだったりすると混乱して動けなくなったりするらしい。

日本の合コンとかでも、異業種合コンってのがあるらしいけど、随分楽しいんだろうな。若い時に参加してみたかったよ。


今日もここまで読んで下さってありがとうございました。ちなみに、耳は診断の数十分後に直りました。何が原因だったのかは謎。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2011/06/27(月) 09:59:25|
  2. オーストラリア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

ここに住んでもう長くなったんだなぁ

本日、ちょっとした用事によりひとりで駅前まで行ってきました。お昼時だったので、偶然見つけたいい感じのカフェに入り、軽食をと思ったんですよ。

ショーケースの中に入っているキッシュが目に入ったので、それを1個と、カフェラテの小さいのを頼みました。本当に小さいキッシュだったんで、そんなに高くないだろうと踏んで、値段は見ないで注文しました。コーヒーだって、大抵3ドル~4ドルなんでね、これも値段を確認しないで注文です。

しかし、テーブルに持って来られたのを見てビックリ。だって、キッシュと一緒にちょっとしたサラダまで付いて来ているんですから。この時点で、私の予想価格が10ドルは跳ね上がりました。誰にも見られないように慌てて財布の中を確認。ちなみに、いつもクレジットカード払いなので、財布の中はスッカラカンということも多いです。

辛うじて30ドル入っていました。食い脱げは免れそうです。

さて、キッシュのお味でしたが、それはそれは美味しいものでした。土台部分が無いシンプルなキッシュでしたが、私的にはまた食べたい味。また訪れたいと思わせるお店でした。

そしてお会計の時になり、大体20ドル~25ドルを想定。すると、キッシュは5ドル50セント。コーヒーは3ドル50セントという破格のお値段。いや、コーヒーとキッシュで9ドル(約1000円)ってのは日本では高いんだけど、でもこっちだと当たり前っていうか、かなり安い方。

ぶっちゃけ3口で食べれてしまうキッシュを大体20ドルと考えた私は、シドニー生活が長くなってきたんだなぁと痛感した次第です。

今までは値段を見る度に、「高い!」とか「アホか!」なんて思っていたのにね。人ってこうやって慣れて行くんだなぁ。


今日もここまで読んで下さってありがとうございます。

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

  1. 2011/05/23(月) 10:00:00|
  2. オーストラリア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

電線に引っかかっていたのは…

先週くらいだったかな、それに気がついたのは。風で葉っぱが引っかかっているんだと思っていました。


[葉っぱっぽいもの(画面中央)]

コウモリ01

木があって見え難いんですが、中央部分の電線に引っかかっている茶色いヤツです。


今日、私は自動車の点検の為に朝早くから外に出ました。そして、それが木や葉っぱでは無いということに気づいた。


[引っかかってご臨終なされたのは]

コウモリ02

見難いんですが、逆さまになってぶら下がっているフルーツコウモリです。風が強い日に飛ばされてバランスを崩したのでしょうか。感電死では無いと思うけれど…。

最近は晴れているからか、屍骸の痛みはあまり見受けられませんでした。もう少し日数がたったら落ちて来るんだろうな。

それにしても、人間が生み出したもので動物が被害にあうのは可哀想だ。


今日もここまで読んで下さってありがとうございました。

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

  1. 2011/05/18(水) 10:00:00|
  2. オーストラリア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。