新・生活便り 

アニメ好き/主婦/Web翻訳ライター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

できるなら菜食主義者に

アメリカ留学中、私は菜食主義者でした。元々動物愛護に興味があり、愛犬と一緒にお犬様グッズを買いに行ったら、里親探しのボランティアをしている団体を見かけ、「何か手伝える事は無いですか? 」と言ったのをきっかけに、その日からボランティア団体の一員になったこともあり、熱心に活動すればするほど菜食主義者になりました。

スーパーに陳列されている肉類は死体の山にしか見えず(って事実そうなんだけど)、精神的にも困ったものです。幸い、ボランティア団体の人達にはベジタリアンやヴィーガン(動物性物質が入っているものは全てダメ)が多くいたからアドバイスも貰えたし、ロスにはベジタリアン食品を多く扱うスーパーやレストランもあったので食品を求めることも日本と比較すれば容易でした。

日本に帰国してからは流石にベジタリアンを貫く事が難しくなり、肉類も食べるようにはなりましたが、最近になって再び肉類を避けようかと考え中です。というのも、何だか胃が受け付けない。30歳を越えたからか、肉類を食べるのが辛くなって来たようです。

もともと、人間の消化器官は肉類を素早く消化するほど強くなく、歯も肉を噛み切る犬歯より穀物をすりつぶす臼歯の方が発達しています。加え、家畜を早く成長させる為に投与される成長ホルモンや薬が人間の体に害を及ぼさないはずがない。それに、年齢を重ねると「肉よりも魚や甲殻類の方が良い」と多くの人が言い始めるように、やはり肉類は人間の体にあっていないから、自然に避けようとしているんじゃないかと思う。

今後は魚類や甲殻類、野菜をふんだんに使った食事を心がけようと思う。海の食材はダイオキシンが気になるが、肉類よりは心理的にも良いだろうということで。勿論、コース料理なんかで肉類が出てくればそれは食べるだろうし、一緒に食事する人に失礼のないようにするけれど、実際、胃がもたれるし、年齢とともに好みが変わったって程度にシフトする予定。
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

  1. 2011/09/20(火) 10:53:30|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<菜食のすすめ | ホーム | 軽く引きこもりじゃない?>>

コメント

自分もL.A.に居て食肉業界の裏を知り、10数年前から牛肉は一切口にしなくなったよ。豚と鶏は少々だけど、化学薬品とか古い肉を加工して使い回す手法とか本当にグロいよね。

日本人は元来農耕民族だったので、野菜を消化する為に腸が長いんだって。反対に欧米人は腹の中で肉が発酵しないように、腸が短いのだとか。なので我々が野菜を食べるのは理にかなっているんだよね。
菜食になれば焼肉屋で生肉に当たる心配もなくなるよね(笑)
  1. 2011/09/20(火) 15:18:48 |
  2. URL |
  3. げんすけ #-
  4. [ 編集]

げんちゃんへ

げんちゃんもそうだったの!? それは知らなかったよー。

腸の長さの話でさ、その昔、スタイル維持の為にスーパーモデルは肉しか食べないって知人から聞いた事がある。勿論、菜食主義者の人達も沢山いるんだけど、腸の永さに拘って下腹部を短めに維持したい人は子供のころから肉中心の食生活なんだとか。友人が真似してたけど、彼女は普通にお腹に肉がついて悩んでた。だから真偽のほどは分からない。

私は毛皮と動物実験の化粧品は世の中に必要無いと思ってるよ。革製品だけは難しいところ。極めるなら、革製品もやめるべきなんだけどね…。あと、腹子(ハラコ)はアウトすぎ。カタカナ表記じゃなく、漢字表記と製品になるまでの過程を明確にして欲しいと思う今日この頃です。
  1. 2011/09/20(火) 15:32:37 |
  2. URL |
  3. wolfgang+lily #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://3dmachiko.blog25.fc2.com/tb.php/721-a2a2dc68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。