新・生活便り 

アニメ好き/主婦/Web翻訳ライター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ホラー映画4本ゲット

先週末、夫とウィンドウショッピングに。

夫はお目当てのゲームを買いに行きたかったようですが、私はそこでホラー映画を4本買ってもらいました。今回ゲットしたのは、以下の通り。

『ザ・フィースト』

フィースト アンレイテッド・バージョン [DVD]フィースト アンレイテッド・バージョン [DVD]
(2008/08/22)
バルサザール・ゲティ、ヘンリー・ロリンズ 他

商品詳細を見る


こちらはホラー友達が大絶賛してくれた1本。俳優のベン・アフレックとマット・デイモンが製作総指揮に携わっているもの。今では『ロード オブ ザ リングス』やリメイク版『キングコング』で一躍有名になったピーター・ジャクソン監督がその昔指揮した究極のホラー『ブレインデッド』に似たテイストかも。


『ダークウォーター』

ダーク・ウォーター [DVD]ダーク・ウォーター [DVD]
(2006/05/26)
ジェニファー・コネリー、ジョン・C・ライリー 他

商品詳細を見る


『仄暗い水の底から』のハリウッドリメイク版、『ダークウォーター』は、夫が「こんなに恐い日本映画は無い」と言ったので、ハリウッドがどんなクソ映画にしてしまったのか興味があって購入。映画館では絶対に見ないだろうけれど、DVDでは購入。

日本ホラーのハリウッドリメイクは、『リング』しかり『呪怨』しかり、失敗が多いので、本作も類に漏れず全然恐くないんだろうと思う。


そして、何かに感染した子供達が突如残虐になって大人達を襲いまくる『ザ・チルドレン』と、強盗に入った家には既に一家惨殺に勤しむ何者かが居たという『ザ・コレクター』。何故か両タイトルはアマゾンで見つけることができませんでした。

それにしても、目の据わった無口な子供が襲って来るのはメチャクチャ恐いです。ってか、これ以上に憎たらしく感じる敵はいません。そして、取り憑かれている子供を退治するのも後味が悪い。なんて言うか、本当に「後味わる~…」の一言です。

ストレス解消にホラーを手当たり次第見る私ですが、この手のホラーは全然スッキリしません。母親(役)の眼球にペンを突き刺したり、ネコをめった打ちにして殺す役柄をやらされた子供達の今後や、精神への影響にまで及んで心配してしまうし。


夫は私のホラー好きを理解してくれ、コレクションにも協力してくれるものの、一緒に鑑賞してくれることはありません。夫婦で趣味を共有出来ないって切ないです。『エイリアン』や『プレデター』みたいなSFなら好きみたいですけど。


そう言えば、私はブルーレイディスクをカナダで購入したPS3で鑑賞しているんですが、現在起こっているPSN障害による不具合の1部なのかなんなのか、リージョンコードに引っかかっていないはずのディスクが数本鑑賞できません。時により、セキュリティを照合しないと再生が出来ない場合があるらしいので、たまたまそれが原因なのかとは思うのですが。

日本のPSN(プレイステーションネットワーク)も一刻も早く回復してくれるといいんですが。じゃないと、楽しみにしているホラー映画が数本見れない~。


今日もここまで読んで下さってありがとうございます。

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

  1. 2011/06/29(水) 12:16:25|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

耳カスと異業種交流

先日、バレエ教室に行っていたら右耳が飛行機に乗っている時みたいに聞こえ難くなった。
こういう時って、鼻をつまんでフン!って息をはくと直ったりするんだけど、意味無し。
先生の声も、音楽も聞こえ難いし、私が喋った時の声まで頭の中で反響する感じ。
レッスンの間に、何度も耳をほじったり水を出すような動作をしてた。

バレエ教室はお金さえ払えば誰でも自由に参加できて、踊る場所も自由。私はいつも決まった場所で踊ることにしていて、私の両隣もいつも同じ人。左側に並ぶ男性と仲良くなった。彼の職業はお医者さんだそうな。

耳が聞こえ難くなった日、レッスンの後にお茶しようと誘われた。もう1人親しくしている女性を誘って優雅にバレエの話に勤しむ。

ふと、私が「右耳が飛行機乗ったときにツーンとするような感じなんだよねー、きもちわるー。なんか喋り難くてご免」みたいな感じで話していたら、質疑応答による簡単な診断が始まってしまった。

結果、「あー、耳カスが沢山詰まってるんじゃない?」って。薬局で耳カスを柔らかくする薬を買って来ると良いよとアドバイスされた。

いやん、綿棒で耳カス取ってるわよ! でも、私は粉耳だから綿棒だと耳の奥に押し込んじゃったかもしれん。なんだか、否定も肯定も出来ないまま、私は”普段はお澄まししているのに、耳カス詰まった不潔な人”みたいなキャラになってしまった。悔しい、ちくしょう。聞こえ難いなんて言わなきゃ良かったぜ。

それにしても、異文化交流って面白いね。私の周りは映像業界の人ばっかりだから、異業種の人達と知り合うと嬉しくてしょうがない。この間もバレエ繋がりで高校教師をしている人と知り合ったんだけど、この人は世間話をしている時でも、その場にいる全員が会話の内容を理解できているかどうか、何度もアイコンタクトをしながら話してた。

医者の彼にしてもそうで、考え方が凄く理論的。バレエの振り付けなんかでも、筋道が立っていればきちんと理解して間違わずにこなすけど、不規則な動きだったりすると混乱して動けなくなったりするらしい。

日本の合コンとかでも、異業種合コンってのがあるらしいけど、随分楽しいんだろうな。若い時に参加してみたかったよ。


今日もここまで読んで下さってありがとうございました。ちなみに、耳は診断の数十分後に直りました。何が原因だったのかは謎。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2011/06/27(月) 09:59:25|
  2. オーストラリア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

これ以上無い程素晴らしい出来映えのクレイアニメーション

先日、Youtubeを見ていてあるクレイアニメーションを見つけました。
普段からグロい映像を見たり調べている私なんですが、コレを見た時には流石に驚きました。クレイアニメでここまで出来るのか!って。

芸術性も勿論高いのですが、クレイ(粘度)で恐怖を描くことが可能だったことに感動しました。そして、後付けされた音楽も良い演出しています。

それではグロに耐性のある方のみ以下から動画をどうぞ。

(注意:途中からドラマティックな音楽が流れます。音量に気をつけて下さい)



ここで使用されている音楽は、アニメ『ぼくらの』のオープニングテーマ。私が在籍していた会社が制作した作品であり、私の友人も制作に携わっていました。


しつこいようですが、私はホラー映画が好きです。かつての殺人事件なんかも積極的に調べたりしています。何故か恐怖やタブーに強く惹かれます。映画学を学んだのも、いつか死ぬ程恐いホラー映画を撮れたらと考えたこともきっかけだと思います。しかし、私が頭で描く恐怖よりも、実際に人間が起こす事件の方が恐い。そして、今回紹介する動画のように、思いもしない作法でゾッとする恐怖を表現する人が沢山いる。こういうのを見る度に、私は何処までも中途半端であり、「好きだ」と公言しているホラーやグロでさえ極めることも出来ていないのだと痛感します。

クレイアニメーションは、粘度で作った人形を1コマずつ動かし、それを写真に撮り、編集ソフトで繋げて作るという途方も無い作業を繰り返して作成されます。この数分の動画を作るために費やされた作業時間は一体どれくらいだったのか。それを想像するだけも頭が下がります。

ホラーが好きなら必見。グロと言っても、頭を斧でかち割られたり、子供が脳みそを食べていたりする程度。普通のホラーに飽きた人はゼッタイに見た方が良い。そんなお薦め作品です。


今日もここまで読んで下さってありがとうございます。

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

  1. 2011/05/24(火) 10:00:00|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ここに住んでもう長くなったんだなぁ

本日、ちょっとした用事によりひとりで駅前まで行ってきました。お昼時だったので、偶然見つけたいい感じのカフェに入り、軽食をと思ったんですよ。

ショーケースの中に入っているキッシュが目に入ったので、それを1個と、カフェラテの小さいのを頼みました。本当に小さいキッシュだったんで、そんなに高くないだろうと踏んで、値段は見ないで注文しました。コーヒーだって、大抵3ドル~4ドルなんでね、これも値段を確認しないで注文です。

しかし、テーブルに持って来られたのを見てビックリ。だって、キッシュと一緒にちょっとしたサラダまで付いて来ているんですから。この時点で、私の予想価格が10ドルは跳ね上がりました。誰にも見られないように慌てて財布の中を確認。ちなみに、いつもクレジットカード払いなので、財布の中はスッカラカンということも多いです。

辛うじて30ドル入っていました。食い脱げは免れそうです。

さて、キッシュのお味でしたが、それはそれは美味しいものでした。土台部分が無いシンプルなキッシュでしたが、私的にはまた食べたい味。また訪れたいと思わせるお店でした。

そしてお会計の時になり、大体20ドル~25ドルを想定。すると、キッシュは5ドル50セント。コーヒーは3ドル50セントという破格のお値段。いや、コーヒーとキッシュで9ドル(約1000円)ってのは日本では高いんだけど、でもこっちだと当たり前っていうか、かなり安い方。

ぶっちゃけ3口で食べれてしまうキッシュを大体20ドルと考えた私は、シドニー生活が長くなってきたんだなぁと痛感した次第です。

今までは値段を見る度に、「高い!」とか「アホか!」なんて思っていたのにね。人ってこうやって慣れて行くんだなぁ。


今日もここまで読んで下さってありがとうございます。

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

  1. 2011/05/23(月) 10:00:00|
  2. オーストラリア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

電線に引っかかっていたのは…

先週くらいだったかな、それに気がついたのは。風で葉っぱが引っかかっているんだと思っていました。


[葉っぱっぽいもの(画面中央)]

コウモリ01

木があって見え難いんですが、中央部分の電線に引っかかっている茶色いヤツです。


今日、私は自動車の点検の為に朝早くから外に出ました。そして、それが木や葉っぱでは無いということに気づいた。


[引っかかってご臨終なされたのは]

コウモリ02

見難いんですが、逆さまになってぶら下がっているフルーツコウモリです。風が強い日に飛ばされてバランスを崩したのでしょうか。感電死では無いと思うけれど…。

最近は晴れているからか、屍骸の痛みはあまり見受けられませんでした。もう少し日数がたったら落ちて来るんだろうな。

それにしても、人間が生み出したもので動物が被害にあうのは可哀想だ。


今日もここまで読んで下さってありがとうございました。

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

  1. 2011/05/18(水) 10:00:00|
  2. オーストラリア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。